fc2ブログ

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

71:【東京都のイノベーション創出事業】

2009/11/13 (Fri) 06:00
新しい申請書類作成のお仕事に着手します。
「地域資源活用イノベーション創出助成事業」という助成金です。
これは、東京の魅力向上や課題解決に向け、中小企業者等が取り組む試作品・新サービス開発・事業体制強化・販路開拓・市場化に要する経費の一部を助成するという事業です。

今回、お手伝いをさせていただいている企業さんで、この事業に申請することとなりました。
今日から着手し、11月下旬に提出する予定となっています。

ここ最近の助成金対象は、モノづくり中心の製造業を対象とするものが多かったのですが、この助成金はサービス業でも申請することができます。

今までの業績についてはあまり問われることはなく、あくまで未来にどのような絵が描けるかがポイントとなってきます。

6月の「ものづくり助成金」を皮切りに、公的機関への申請書類作成のお手伝いする機会をたくさんいただきました。
最初は取っ付きにくい部分もありましたが、かなり「申請書類作成」という仕事にも慣れてきました。

我々は「書式ビジネス」と呼んでいるのですが、この手の申請書類は、「慣れ」が必要ですし、「通すコツ」があります。
中小・小規模企業の社長さんや従業員の皆さんが、通常のお仕事をこなしながらこれらの書類を作成していくのは大変だと思います。
ましてや、締め切りまでにあまり時間がなく、予算計上のための見積りの収集などもしなければならないとなると、申請したいがあきらめざるを得ないということになりかねません。
そうならないよう、できる限りのお手伝いをさせていただいています。

書類を作成する「コツ」としては、申請したあとに、どんな人が読むかを把握することです。
あまり難しい言葉や専門用語を使ってしまうと相手に理解してもらえないこともあります。かといって、限られたスペースの中で、噛み砕いて説明するにも限界があります。

的確な言い回しで表現する必要があり、そこにはちょっとした「コツ」が必要となるのです。

これからも様々な中小企業・小規模企業を応援する施策が出てくるを思います。

このような施策は知っていると知らないとで大きく差が出てしまいます。
意識して情報を取りに行かないと、行政は積極的な告知は行いませんので、乗り遅れてしまいます。

「しかるべき企業にしかるべき施策を活用してもらうこと」
これも我々中小企業診断士の大きな役割のひとつです。
スポンサーサイト




経営コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP