fc2ブログ

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

79:【Good bye MJ】

2009/11/22 (Sun) 06:00
This is it



拝啓 マイケルジャクソン様
昨日、『This is it』を見てきました。
あなたは最高のパフォーマーです。

あなたに出会ったのは1983年、小林克也「ベストヒットUSA」で見たPVだと思います。
どの曲だったかは覚えていませんが、大ヒットしたアルバム「Thriller」からのカット曲が
毎週のようにチャートに入っていました。

それから30年ちかく、常に私のカセットテープ、MD,Ipodには、あなたの曲が入っていました。

映画の中でのあなたは、ダンスのキレはなかったけれど、歌は最高に上手でした。
「パォ~ッ」の雄たけびの頻度は減ったけど、周囲から強いリスペクトを受けていました。

今、私はいろいろなものを必死になって作り上げようとしています。
それは、あなたのステージのように、行った瞬間、空気の中に消え去ってしまうものです。
その場で共有できる人たちにのみ伝えることができ、その場限りのパフォーマンスです。

そういったものを創り上げるパワー、勇気、創造力をいただくことができました。


私の一番好きな「Human Nature」のくだりです。
If they say

Why, why, tell 'em that it's human nature

Why, why, does he do me that way

どうして?と尋ねられたら、「それが人というもの」と答えるだろう。
「それが僕をそう動かす」

映画の最後にこの曲が流れました。

私の中で、MJへのモヤモヤにけりをつけることができました。

さよなら、マイケルジャクソン。
スポンサーサイト




プライベートコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP