fc2ブログ

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

190:【よくしゃべるなぁ】

2010/04/16 (Fri) 06:00

昨日は、友人の紹介である社長さんのところにお伺いしました。
私のほかにその友人と、中国人の実業家も一緒だったのですが、
この社長さんと中国人、とにかくよくしゃべります。
夕方の17時から23時まで、コーヒー2杯と水1杯で、二人で交互にしゃべりまくっていました。

お二人ともとても上手にビジネスを行っていて、話自体はとても興味深く参考になるものばかりでした。

ただ、お酒も飲まずに、食事もせずに、ひたすらしゃべりまくり、それをずっと聞いていたというのは
今まで経験したことがありません。

経済の話はもちろんのこと、政治の話、歴史の話、環境の話など、多岐にわたったのですが、
一番印象に残っているのは、家畜に対する水の話です。

人間は、自分たちが飲む水にはこだわるのに、家畜に与える水にはこだわっていません。
この家畜に与える水を変えることで、私たちが口にする食物の味や質に大きく変化がもたらされるそうです。
水を変えると、家畜の内蔵が活性化され、栄養分の吸収がいいために飼料を減らしても大丈夫であったり、
乾燥した糞をするので、処理が簡単になったり、味が良くなったりといいことずくめだそうです。

飼料代が高騰して困っている畜産業さんがいらっしゃいます。
さっそくその方に、「水を変えてみませんか」と提案してみようと思います。

それにしても、よくあれだけしゃべれるなと、心から感心する機会でした。
スポンサーサイト




経営コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP