fc2ブログ

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

194:【いよいよ人材育成】

2010/04/22 (Thu) 06:00
昨日は、来月に研修を行う会社に打ち合わせにいってきました。

「企業は人なり」
「人材ではなく人財」
人材育成は、企業経営の上でとても重要なテーマです。
にも関わらず、相手が生身の人間であるため、ある一定のやり方を行えばすべてうまくいくなんてことにはなりません。

会社、個人はそれぞれ固有の問題を抱えています。
研修を行うには、相手の現状を十分認識しなくてはうまくいきません。

今回のテーマは、チーム・組織としてどうしたら力を発揮できるかをみんなで考え、答えを出すことです。
「やらされ感」をなくし、チームとして決めた目標に向かって、それぞれが自発的に仕事に取り組めるようにします。
良くも悪くも社長のワンマン色が強い会社です。
今までは、社長の強い牽引力で、組織を引っ張ってきました。
社長が「機関車」で、社員は「客車」です。
それを、それぞれがモーターを有し、自発的に前へ進む「新幹線」に変えていきます。

経営を取り巻く環境はますます厳しくなっていきます。
個人の能力も大事ですが、一人より二人、二人より三人と人が集まり、
組織となってそれぞれの知恵を出し合えば、それまで乗り越えられなかった困難も乗り越えられると思います。

また、その組織には、リーダーが必要です。
社長との意思疎通がしっかりとされており、経営と現場の橋渡しができるリーダーを育成しなければなりません。

6月からは、厚木の商工会議所にて、月1回、5回のシリーズで「リーダー育成セミナー」も実施する予定です。

いよいよ、人材育成の分野に足を踏み入れていきます。
単なる教育に終わらせず、業績に直結するような研修を行っていきます。
スポンサーサイト




人材育成コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP