fc2ブログ

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

224:【クリエイターというお仕事】

2010/06/09 (Wed) 06:00

クリエイターという仕事とは、どんなもののことをいうのでしょうか。

クリエイトとは、創造。
無から有、イメージを具現化、色、形、視覚として相手に与えるインパクト。
様々ですが、私のような素人が定義づけするものではありません。

こういったクリエイターさん達のお話を聞く機会が重なりました。
港区といった土地柄でしょうか、みなさん、すばらしい才能をお持ちの方ばかりです。

クリエイターにはふたつの種類がある気がします。
ひとつは、自分のブランドとして作品を作り、それを認めてもらうこと。
もうひとつは、相手のイメージを具現化し、それを認めてもらうこと。

両方とも世の中には必要であり、とても重要なお仕事です。
ただ、この不景気によって人々が創造に対して腰が引けている気がします。

とりあえず今のままで・・・
新しいものを産み出すほど余裕がない・・・
消費者心理や事業の現場では、これが現実なのかもしれません。

それは理解しつつも、目に見えるかたちで新しいものがどんどん創造されていくような、
そんな世の中に早くしていきたいと思います。

素材やデバイスといった産業の川上での創造は回復しつつありますが、
しばらくは、水面下での創造が多くなるかもしれません。
始まりつつある波をキャッチして、しかるべき時に大きくクリエイトできるように
しっかりと準備だけはしておきたいと思います。

スポンサーサイト




仕事観コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP