fc2ブログ

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

304:【ある事業承継の形】

2010/09/28 (Tue) 06:00

昨日は、お世話になっている先生のご紹介で、ある会社の社長さんとお会いしてきました。

今週のメルマガにテーマになってる「事業承継」を実際に行っている企業の社長さんです。

まだ若いのですが、肩の力が抜けていて、とても自然体で社長業を引き継いでいます。

肩の力が抜けているといっても、それ相当のご苦労はされているとは思うのですが、
それを微塵たりとも外に感じさせません。
とても優秀な社長さんです。

その社長さんが、このようにおっしゃっていました。

「何か分からないことがあって、先代の社長のところに相談にいくと、
自分が考えていることとは全く違うことを言われて、余計分からなくなってしまう。
それ以上、何も出てこなくなってしまうので、相談しないようにしているんだ」
とのことです。

不安に思うことはあれど、責任を自ら背負うことを覚悟し、先代に相談しないとする
社長も立派ですし、それに対して、とやかく言わない先代もご立派です。

このような形の事業承継もあるのです。

答えのない答えが、ひとつ見つかりました。


スポンサーサイト




コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP