fc2ブログ

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

358:【広告のあり方が変わる】

2010/12/15 (Wed) 06:00

広告のあり方が大きく変わるようです。

デジタルサイネージというものをご存知でしょうか。
液晶パネルを使った看板のことをいうのですが、
今後様々な分野でこのデジタルサイネージが利用されることとなりそうです。

一般的な看板は、告知する内容を一度つくってしまうと、それっきりとなります。
また、写真や絵を使うので、動きがありません。

デジタルサイネージは、電気的なデータを使うので、簡単に告知する内容を変更したり、
動画を流したりすることができます。
パソコンのデスクトップの写真を入れ替えるくらいの手間暇で、広告の内容を差し替えることができるのです。

使い道もアイデア次第でいくらでも広がります。
ひとつの看板で複数の情報を流したり、携帯の赤外線通信を使って、顧客情報を獲得したり、
設置場所さえ確保できれば、告知したいことがある人や事業者を募って、
広告代理店のようなこともできるのです。

広告には、様々な規制があるので、簡単には物事は運びませんが、
このデジタルサイネージの出現で、規制の変更もあるのではないでしょうか。
広告そのものの在り方や出し方が変わってくると思います。

昨日からお手伝いが始まった会社の社長さんは、このデジタルサイネージの事業に本格的に参入します。
変化の核心部分に携わるということは、とてもワクワクすることです。
年明けに行う次回の打ち合わせがとても楽しみです。



スポンサーサイト




マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP