fc2ブログ

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

418:【新しいことを始めるのにはとても良い季節】

2011/03/23 (Wed) 06:00

春です。
新しいことを始めるにはとてもよい季節だと、誰もが思います。
電車の中の広告も、英会話やフィットネスクラブ、結婚紹介所まで、
新しいことを始めさせようとする広告がいっぱいです。

そういう私も、この春からスイミングスクールに通おうかと思っている1人です。
昨日、娘の通うスイミングスクールの広告に目が留まりました。
「事務手数料 通常6300円が0円+初回月会費70%off」
何か始めたいなぁと思っている矢先にこの広告です。
すっかりその気になってしまっています。

こういったスクールビジネスは、春にどれだけ生徒を確保できるかで、
その年の売上が決まってしまいます。
固定費が確定しているビジネスなので、生徒さんが多ければ多いほど利益がでます。
ハード面で多額の費用がかかるスイミングスクールやフィットネスクラブなどは、特にそうです。

こういった会員制のビジネスは、入会してもらうことに加え、
継続して通ってもらうことが重要です。
初回の金額を無料にしたり、大幅なディスカウントをするのは、継続してもらうことが大前提です。
この大前提が狂うと、とんでもないことになってしまいます。
集客とともに、どうしたら継続してくれるのかを考える必要があります。

「やせたい、うまくなりたい、試験に合格したい・・・」
生徒さんの目的はそれぞれ違いますが、
その目的に少しでも近づいていることを実感させる必要があります。

表向きの金額を下げて、入会してもらうまでは、誰でもできます。
問題は、どれだけ継続してもらえるか。
ここが差別化のポイントであり、創意工夫のしどころです。

来月から通おうと考えているスイミングスクールは、
あきっぽくくじけやすい私をどうやって継続させてくれるのか、楽しみです。


スポンサーサイト




マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP