fc2ブログ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

450:【アパレル業界の未来】

2011/05/11 (Wed) 06:00

昨日は、診断士の先輩の話を聞いてきました。
アパレル業界に長く従事したあとに独立したこの先輩は、
今アパレル業界に特化したコンサルティングを行っています。
昨日のお話も、アパレル業界でコンサルティングを行うための基礎知識についての講義でした。

この業界も、大きく変化しています。
10年単位で、発言力を持つプレーヤーが変わっています。
お話の中で印象的だったのは、「この業界は、いまだに価格統制が効いている」ということです。

価格設定の主導権は、アパレルメーカーが持っています。
出荷時点から、商品には値札が付けられており、小売りは、その価格を保って販売します。
その変わり、ある時点から価格は大幅に下落していきます。
いわゆるバーゲンです。
販路において百貨店が大きな割合を占めていることもあるでしょう。
ブランドが重視され、安易な値崩れを嫌うこともあります。
多品種・少量の典型で、同じものが大量に出回ることが少ないことも理由のひとつです。

ただ、他の業界がそうであったように、近い将来、この商慣習も崩れるかもしれません。
その時に、また新たに主役となるプレーヤーが現れます。
今度は誰がイニシアチブをとるのか。
私たち中小・小規模企業の戦い方も変わるかもしれません。





スポンサーサイト




経営コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP