fc2ブログ

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

568:【ブレーキを踏む】

2011/10/27 (Thu) 06:00

体力的に一つの壁にぶつかりました。

今年の春からスイミング、サッカー、フットサル、ランニングを続けています。
それぞれの重要度を仕事レベルに引き上げ、「仕事と重なったから行かない」という言い訳をできないようにしました。
その結果、基礎体力が格段に上がり、風邪もひかなくなりました。
走るタイムが速くなったり、人並みに泳げるようになったり、昔できたフェイントを取り戻すことができたりと、スポーツを通じて得られる楽しみを強く感じています。

一方で、疲れというものは蓄積していきます。
疲労の抜け具合も、若いころとは違って長引きます。
夏ごろは、けがによって休まざるを得ない期間がありました。
今考えると、あのけがによって運動できなかった期間は、体を休ませるのにちょうどよかったのです。
秋にはいり、怪我もなく体もできてきたため絶好調なのですが、体を休ませられなくなってしまいました。
その反動が、今きています。

今年の目標である、「ルーチン」「メリハリ」「即レス」。
「ルーチン」と「メリハリ」の間に「バランス」があることを知りました。
勢い任せにいくと、どこかで息切れします。
事業計画もそうです。
事業を軌道に乗せるのを焦るがために、あれもこれもと盛り込みすぎると、結局のところやりきれずにとん挫してしまうことがあります。
波に乗っているときはいいのですが、つまずくと総崩れになることがあります。
事業計画にも、適度にブレーキを踏むことを忘れずに盛り込まなければいけません。
ペース配分とバランスを意識することが重要です。


スポンサーサイト




仕事観コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP