fc2ブログ

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

597:【マグロ以外の何を求めているのか】

2011/12/09 (Fri) 06:00

市場の中にあるマグロの仲卸の社長さんとお話をしてきました。
高額のマグロを専門としているこの社長さんは、それを卸している飲食店や旅館の業績が思わしくないため、今厳しい状況に置かれています。
なんとか現状を打破したいと考え、いろいろな手を打とうとしています。

良いマグロを選別する目利き力は確かなものを持っています。
今年は、マグロを卸している飲食店が店もミシュランの三つ星もらっています。
インターネットの取引も、同業に先駆けて始めました。
ただ、ここ最近はインターネットの世界でも競争が激しくなり、これまでのような効果を発揮できなくなっています。

仲卸としてお客様に認めてもらい、差別化を図るにはどうしたらいいのでしょうか。
マグロの目利きは、確かに強みとなるのですが、おそらくライバルも同等の目利き力は持っています。
質の高い取引先をもっていることも強みですが、評価されているのは飲食店自体であり、マグロを評価されているのではありません。
インターネットは、取引の利便性を提供することができますが、価格や手間以外のメリットを提供するのが難しいのが現状です。

お客様が欲しているものがマグロだけであるならば、注文したマグロが届けばいいだけの話です。価格は安ければ安いほどいいわけです。
そうではない別の価値を届けることができなければ差別化は図れません。
今、この社長さんは、お客様がマグロ以外の何を欲しているのかを見失っているようです。
それを見つけるお手伝いをしていきたいと思います。


スポンサーサイト




マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP