fc2ブログ

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

714:【我慢のしどころ】

2012/06/06 (Wed) 06:00
の支援策を活用する上で、最も大事なこととはなんでしょうか。
それは、実際に事業を行う事業者さんの気持ちです。

今、私の仕事の半分は、国が定める法律に基づいた中小企業の支援策を事業者さんに活用してもらうことで新しい事業を生み出していくというものです。
これはと思う事業者さんには、制度を紹介して活用してもらうように促していきます。
ただ、これが押し売りのようになってしまってはいけません。
失敗の原因の多くはここにあります。
こちらの思い入ればかりが強くなってしまい、肝心の事業者さんの意欲が付いてこないケースです。

立てた計画を実行するのはあくまでも事業者さんです。
私たちは、支援に回るほうなので、常に主体が事業者さんになければいけません。
ここにきて、5,6本の新しい案件を扱っています。
私としては、是非制度を活用してもらいたい事業もいくつかあるのですが、まだ事業者さんの温度が上がってきません。
こういった場合は、こちらばかりが熱くならないよう、じっくりと機が熟すのを待つ方がよいのです。

締め切りがあるため、こちらもどうしても焦りがちとなります。
そこはぐっと我慢しなければなりません。
コントロールが必要なのは、事業者さんだけでなく私自身の気持ちもそうなのです。


スポンサーサイト




仕事観コメント(0)トラックバック(1)|

ブログ TOP