fc2ブログ

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

723:【町のケーキ屋さん】

2012/06/19 (Tue) 06:00

新しいお仕事です。
町のケーキ屋さんのお手伝いが始まりました。

私が住んでいる地域に、とても流行っているケーキ屋さんがあります。
バームクーヘンで有名なのですが、その他のケーキもとてもおいしいです。
どこに出しても恥ずかしくない品質なので、この地域に多くの住む人達は、ちょっとした手土産にはこの店のケーキを使います。
また、バースデイケーキの受付もしています。
ケーキ受け取り当日には、店頭のパネルに、「誕生日おめでとう」のメッセージと名前を掲げてくれます。
大したことではないのですが、本人はとてもうれしいようです。

地域のイベントにも敏感です。
近くの小学校で運動会が行われるとします。
運動会には、じいじばあばを招待する家族も多く、すると運動会後に「ちょっとお茶でも」ということとなります。
そこに欠かせないのがケーキです。
その時財布を握るのは、じいじばあばです。
「たまの機会だから」と、結構ふんぱつしてくれます。
ケーキ屋さんは、それを見越して品揃えを行います。

ケーキ屋さんは、大きく3つに分けられます。
今回お手伝いするような「町のケーキ屋さん」、シャトレーゼや不二家のような「ケーキ量販店」、百貨店など商業集積地に入る「洋菓子ブランド」です。
町のケーキ屋さんには町のケーキ屋さんとしての生き残っていく方法があります。
今回のお手伝いは、その方法を徹底することにあります。


スポンサーサイト




マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP