fc2ブログ

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

771:【アポ取り】

2012/08/30 (Thu) 06:00

仕事を進める上で、事業者さんとアポイントを取らなければなりません。
このアポ取りの仕方で、仕事の進め方や効率が全然違ってきます。

私はずっと営業であったので、仕事のスケジュールを組むのは比較的得意です。
社会に出てから20年近く、繰り返している作業だからです。
あまり深く考えなくとも、自然と効率のよいスケジュールを組み立てることができます。

それでも、お互いが会う必要を感じている中で取るアポイントと、そうでない場合で取るアポイントでは、難易度が決定的に違います。
相手に会う必然性が低い場合は、先方の都合に合わせざるを得ません。
すると、一気に活動の効率が悪化します。
どちらの場合でも、出来る限りこちらの都合に合わせた約束をとりたいものです。
しかし、アポを取る際に、それを臭わせてはいけません。
あくまでも、相手主体であることを前面に押し出す必要があります。

うまくアポを取るには、アポを取りにくい優先順位を考えます。
相手に都合に合わせなければならない相手から連絡を入れていきます。
いくつか候補日を用意して、先方に都合を聞いていきます。
その時、こちらの都合のよい順番でお願いしていきます。
3つ程度候補を用意して、万が一すべてがダメであれば、ここは一旦仕切り直したほうがいいです。
無理にアポを取るより、全体のスケジュールを再考してお願いしたほうが、ベターだと考えます。

また、アポ取りの作業は、バラバラとやるのではなく、短時間で一気に片付けるべきです。
運不運もあるのですが、どういうわけか、うまくハマる時は驚くくらいスムーズにアポが埋まります。
逆に、まったくハマらないこともあります。
こういう時も、一旦諦めて、時間や日を変えた方がよかったりします。

アポ取りは、なかなか理屈に落とすことが難しいのですが、うまい人とそうでない人の差が明らかにあるのですから、仕事を進める上での重要な要素であることには間違いありません。



営業コメント(0)トラックバック(0)|

前のページ « ブログ TOP » 次のページ