fc2ブログ

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

770:【覚えていてくれた】

2012/08/29 (Wed) 06:00

2年前にお手伝いをさせていただいた会社の社長さんに久しぶりに電話をしました。
この社長さんの会社が得意とする業務が、別の会社の課題解決につながるのではないかと考えたからです。
2年ぶりだったのですが、この社長さんは私のことを覚えていてくれました。

私は、一度関わらせていただいた社長さんのことは決して忘れません。
その会社やその社長さんについて徹底的に考えることが仕事なので、記憶に深く刻まれるからです。
一方で、事業を進めるうえで社長さんにはたくさんの人が絡んできます。
私の方が覚えていても、社長さんが私のことを覚えているとは限りません。
今回のように、「中小企業診断士の栗田です」や「m9コンサルティングの栗田です」と言って、すぐに思い出してくれるととてもうれしく思います。

電話で伝えたいことを一通り伝えた後、社長さんはこのようなことを言ってくださりました。
「栗田さんが来てくれた後、2期連続で黒字です。最近はとても忙しくしています」
黒字の理由は私がお伺いしたからではないのですが、一度でもお手伝いさせていただいた会社の社長さんが、元気で忙しくされていることを耳にできることは、覚えてくれていること以上にうれしいことです。
こんなちょっとした喜びがあるから、この仕事に夢中になれるのです。


スポンサーサイト




仕事観コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP