fc2ブログ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

868:【私にできること】

2013/01/30 (Wed) 06:00

今年の3月末をもって、金融円滑化法が終了します。
金融円滑化法とは、景気の悪化に伴う中小企業の資金繰りを支援するための措置であり、融資返済の期限延長に対して、金融機関は柔軟に対応しなさいというものです。
全国430万社あると言われている中小・小規模企業のうち、30万~40万社がこの制度を利用したと言われています。
一方で、返済を先延ばしした事業者さんの経営改善が思うように進んでいないと言われています。
円滑化法の終了に伴い、これまで融資の返済を先延ばしにしてきた事業者が支払いを継続できない、あるいは新たに融資返済の条件を変更してほしいと申し出ても応じてもらえないといったことが発生し、倒産が増えるのではないかという懸念が高まっています。

私たち中小企業診断士の間では、金融円滑化法終了後においてどのような中小企業支援を行えるのかということがさかんに話合われてます。
国も矢継ぎ早に様々な支援策を発表しています。

4月以降、私たちの力を必要とする方々が増えるようです。
「困ってる人がいるんだから、優しくしてやれよ」
かつて、私の父はこう言いました。
優しくするとは、手を尽くせという意味です。
4月以降、どのような状況になり、何ができるのか、今は手探りの状態ですが、私にできることを精一杯行っていきます。




コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)|

前のページ « ブログ TOP » 次のページ