fc2ブログ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

856:【思いを自分の言葉で伝える】

2013/01/11 (Fri) 06:00

話を聞くことで相手から受ける印象というものは、話している内容以上に話し方が大きく影響を受けることとなります。
すらすらと流暢に話すに越したことはないのですが、時と場合によってはそれが良い印象を与えるとは限りません。
つっかえつっかえでも、言葉が足らなくても、熱意をもって一生懸命話す方が相手の心に響くこともあります。

事業というものは、人が行います。
当然のごとく、思う通りに事が進む訳がありません。
その事業をどのようにしたいかというのは、事業を行う当事者の気持ち次第です。
立てた計画をつらつらと話すだけでは、当事者の気持ちが伝わりません。
何か壁にぶつかった時、第三者が乗り越えられるかどうかを判断する材料は、当事者の気持ちしかないのです。

上手に喋ろうとするよりも、思いを自分の言葉で一生懸命伝えることが大事なのです。


スポンサーサイト




仕事観コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP