fc2ブログ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

865:【求めている人を見つける】

2013/01/25 (Fri) 06:00

洋装店や洋装教室を営む方々向けにマーケティングセミナーを行いました。
集まられたのは、その筋で何年もお仕事をされている先生方ばかりです。

ご多分にもれず、洋装業界も厳しいのが現状です。
洋服を仕立てる人が減り、洋裁を習おうとする方も減っています。
体を採寸し、ぴったりとフィットする洋服の着心地は、着た人でなければ分からないことです。
生地やデザインの組合せによって、その人しか持っていない唯一無二の洋服を所有することができます。
このようなことをメリットとして感じてくれる人が少なくなっているようです。
確かに、洋服は安いものが巷にあふれ、流行もめまぐるしく変わるので、長く大事に着ようという気持ちになりにくいのかもしれません。

一方で、一般のお店では飼えない洋服を求めている層は存在します。
例えば、今はやりのキッズダンサー向けの衣装や、体の不自由な方が着る前開きのワンピースなど、市場の声を丁寧に拾っていけば、仕立てるニーズはあちこちにあるのです。
前者は、ダンスを披露する子供のお母さんが、それこそ夜なべで衣装を縫っています。
後者は、寝たきりで体の不自由な娘にも、せめて病院へ連れて行く時はおしゃれをさせてあげたいと思っています。
こういった方々の要望に応えることこそ、洋服を仕立てる技術を持つ方々にしかできない仕事なのです。

私が最も伝えたかったことは、「みなさんの仕事を求めている人は、この世の中にたくさんいる。それを見つけるのも皆さんの仕事ですよ」ということです。




スポンサーサイト




マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP