fc2ブログ

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

975:【買ってもらう理由】

2013/07/05 (Fri) 06:00

食品を製造販売する上で、おいしいのは当たり前の時代となっています。
特に、和洋問わず、お菓子屋さんはおいしさという意味ではずば抜けていなければなりません。
至るところに売っているお菓子を、消費者が特定のお店で買うには、理由が必要です。
その理由をおいしさに求めるのであれば、ずば抜けていなければ、買ってもらうことができません。

消費者が特定のお店で買う理由は、何もおいしさばかりではありません。
接客の対応がいい、パッケージがかわいい、種類が多いなど、そのお店独自のものがあれば、それは列記とした理由になります。

原材料にその土地のものを使っていることや、その土地の歴史にちなんでいることも理由になります。
もし、おいしさでずば抜けることができないのであれば、その他の部分で買ってもらうための理由づけが必要となります。
今回承ったお仕事は、この理由づけです。
地域特産品として、買ってもらえるための理由を考えていく仕事です。
あまり土地感のない地域の仕事なのですが、情報収集をしながら考え抜いてみます。


スポンサーサイト




マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP