fc2ブログ

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

1072:【なはマラソン】

2013/12/03 (Tue) 06:00

先週の日曜日、なはマラソンに出場してきました。
沖縄県に足を踏み入れるのは初めてのことです。
東京との気温差を実感して、改めて南北に長い日本の特徴を感じました。

レースの結果は、散々でした。
足がつり始めるのが早く、後半は走っては止まり、走っては止まりを繰り返し、ひどいタイムでした。
そんなレースのために沖縄くんだりまで来たのかと思うと、悔しい気もするのですが、結果がどうであれ、参加してとてもよかったと思える大会でした。
なはマラソンに出場しようと、多くの方が沖縄を訪れます。
今回の大会は、県外から2万人以上が参加したとのことです。
沖縄でマラソンを走るのに日帰りする人は、そう多くはありません。
宿泊し、沖縄で少なくとも3回は食事をします。
かなりのおカネが落ちることとなります。

なはマラソンは、年々参加者が増えています。
屈指のリピート率の高さを誇ります。
それは、途切れることなく続く沿道の応援があるからではないかと思います。
島の住民が全員出てきているのではないかと錯覚するくらいです。
それぞれが、飲み物やお菓子、バナナを差出し、足がつって伸ばしていると、コールドスプレーを持って駆け付けてくれます。
走ることができる喜びを、体全体で受けることができる、素晴らしい大会でした。

地域おこしの最たるものを見た気がします。
それは、沖縄という特殊性もあるのでしょうが、噂に違わずいい大会でした。

スポンサーサイト




マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP