fc2ブログ

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

1077:【勘違いされる】

2013/12/10 (Tue) 06:00

時々勘違いされてしまうことがあります。
コンサルティングは、なかなか営業がしにくい仕事です。
「おたくの課題を解決いたしましょう」と営業をかけたところで、門前払いされるだけです。
また、サービスが具体的にイメージできないので、対価に換算しにくく、受け入れようという動機につながりにくいものです。
公的な支援の場合、事業者さんに負担を強いることがあまりありません。
国や自治体の制度をうまく使って事業を進めてほしいと思って案内するのですが、何かの営業と勘違いされて聞く耳を持ってもらえないことがあります。

私の説明の仕方が悪いのかもしれませんが、最初から抗う姿勢で席に着かれると、こちらとしても気がなえてしまいます。
なんだか、とてももったいないように思えます。
疑い深いのは悪いことではありませんが、何でもかんでも門戸を閉ざしてしまうのはどうなんでしょう。
情報収集も社長さんの重要な仕事のひとつなのではないかと思います。

スポンサーサイト




コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP