カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1092:【フリーミアム】

2014/01/09 (Thu) 06:00

スキーに行ってきました。
プリンス系のスキー場だったのですが、小学生以下のリフト券が無料となっていました。
家族連れにはうれしい限りです。

リクルートのじゃらんが主催する「雪マジ!19」というキャンペーンがあります。
19歳を対象に、インターネットで登録し申し込みをすると、シーズン中はリフト代がずっとタダになるという内容です。
これは、「若いころに訪れ思い出深い場所には、その後も何度か訪れる」というデータをもとに、リピート客となることを期待するとともに、若者のスキー離れを食い止めようという意図があります。

小学生以下のリフト無料券も、同様の効果をもたらすように思えます。
今回行った「かぐら・みつまたスキー場」は、当日のコンディションもよかったせいか、子供たちの満足度は高く、昨年に行った草津スキー場よりも、印象がよかったようです。

フリー(タダ)による販促キャンペーンが多様化しています。
固定費が賄える分の集客が見込めなければ、ビジネスとしては失敗です。
タダにすることで、採算が合わなくなると考えるのは当然ですが、そもそも来てもらわなければ、商売にもなりません。
タダで呼び寄せ、タダにしたもの以外で回収すると考えれば、フリーミアムは正しい戦略なのだと言えるのです。

スポンサーサイト

マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 【ベストを尽くしたか】
≫次の記事 【年末年始の旅行】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。