カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1094:【沖縄の物産】

2014/01/15 (Wed) 06:00

観光地として人気にある沖縄は、ある意味特殊かもしれません。
その理由は、現地における気候や文化、風土、料理などは非常に魅力的なのですが、食材や加工食品はそれほど人気がありません。
沖縄と同じくらい人気の観光地である北海道は、現地での滞在のみならず、北海道産の食材や加工食品もとても人気があります。
百貨店において北海道展は最も集客力のある催事と言われる一方、沖縄展が盛り上がったという話はあまり聞いたことがありません。

あれだけ観光客が来るのだから、沖縄商材はそれなりの人気があるのだろうと誰しもが思います。
しかし、現実は違って、沖縄の商材で集客するには、結構苦労します。
ゴーヤチャンプルや豚肉料理を始めとした沖縄料理は、一定の人気が見込めます。
物産を購入するよりも、現地の料理を食するほうが沖縄のムードを味わうことができるからなのだと思います。
これは、大きな盲点なのかもしれません。
このジレンマからどう脱却するか、知恵の絞りどころです。


スポンサーサイト

経営コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 【いつか来た道】
≫次の記事 【鳥の目を持つ】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。