カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1143:【漏れなく記述する】

2014/03/27 (Thu) 06:00

事業計画を審査をするお仕事をしました。
審査なので、優劣をつける必要があります。
大抵の場合、優劣をつけるにはいくつかの採点項目があり、設けられてた基準に照らし合わせて点をつけます。

事業計画を読みこんで点数をつけるのですが、結果的に点数が低いのは、採点項目についての記述がないケースです。
書かれていないことは、いくらどう好意的に読んでも点数がつけれません。
白紙の回答と一緒です。
逆をかえせば、内容はプアであっても採点項目について記述があれば、ゼロ点であることは避けられます。

思いのたけを事業計画にぶつけるのはいいのですが、審査を通そうと考えるのであれば、何について採点され、それが漏れなく記述されているかを確認する必要があります。
高得点を狙うテクニックは、その次の話となります。
まずは、漏れなく記述することです。

スポンサーサイト

コンサルティングコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 【お墓に入る】
≫次の記事 【やり遂げたい仕事】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。