カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1144:【お墓に入る】

2014/03/28 (Fri) 06:00

人は死ぬとお墓に入ることになります。
人の数だけ事情がありますので、誰もが画一的にお墓におさまるわけではありません。
亡くなられた方の遺言も遺族の意向もあります。
お墓は時が経てば経つほど累積的に増えていきます。
これからは、墓地の確保が問題になるかもしれません。

先日、義理の母の納骨を行ってきました。
バラを中心に花が咲き乱れる素敵な場所でした。
施設は清潔で、管理業者が常にきれいにしてくれます。
庭師が数名いて、庭園を維持してくれます。
こういうビジネスがあるんだと感心しました。
それなりの立地を確保できれば、安定的な事業となります。

私もいつかはお墓に入ることとなります。
その時は、また新たなビジネスが立ち上がっているのかもしれません。

スポンサーサイト

マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 【現場とのコミュニケーション】
≫次の記事 【漏れなく記述する】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。