カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

栗田 剛志

Author:栗田 剛志
横浜在住の駆け出しコンサルタントです。
真の士(サムライ)を目指して、刀を磨き続けます。
「刀は錆びていないか・・・」
自問自答の日々です。
父親の興した会社を引き継ぎ、世の中の中小・小規模事業者を同士としてサポートしていきます。

営業力強化の支援
マーケティング戦略立案
店舗運営管理
販売員のマネジメント
ロジカルシンキング
を得意とします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1171:【バイキング】

2014/05/07 (Wed) 06:00

今年のゴールデンウィークは、間隔が空いてしまったため、例年のように大型とは言えないものでした。
暦通りでいくと、休みが連なるのは4日間だけとなり、まとまった休みにはなりません。
私も暦通りでしか休みはとらず、どこか遠くにでかけることもしませんでした。

このゴールデンウィークのトピックスと言えば、横浜のあるホテルに、ランチのバイキングに行ったことです。
私の子供の好きな「ローストビーフ」が食べ放題となるバイキングを探したところ、横浜にみつけることができました。
サラダやスープを含めて、約20種類ほどの料理が並ぶバイキングでした。
客席はすべて埋まり、予約を取っていない人が待っている時間帯もありました。
制限時間は90分です。
家族揃って食べ始め、3回ほどおかわりをするため席を立ちましたが、30分ほどでお腹が一杯になりました。
あとは、デザートをつまみながらコーヒーを飲んだのですが、それでも1時間が過ぎたところでした。
料金にして大人2100円、子供1500円です。

バイキングには、食べる前のワクワク感があります。
たくさんの種類の料理を前にして、どれを食べようかと選ぶ楽しみがあるからです。
それでも、一巡してみると、こんなものかと感じます。
食べ放題と言えども、それほど多くは食べれません。
結局、食べる量だけを見れば、2100円は安くはありません。
特に、子供は1500円分は食べていませんでした。

バイキングがもてはやされるのは、そのイベント性にあるのだと思います。
料理にイベント性が加わることで付加価値となり、集客につながっています。
我が家は、同じ店に行くことはないと思いますが、イベント性を求めて別の店のバイキングには行くことになると思います。

スポンサーサイト

マーケティングコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 【補助金の申請】
≫次の記事 【楽しみな案件】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。